画像を用いる際のSEO対策

SEO対策にはさまざまなものがありますが、「画像」も使い方によってはSEO対策効果を左右すると言っても過言ではありません。

サイトの閲覧者がぱっと見て惹きつけられるのは、画像の存在が大きいとも言われています。確かに、ページを開いた際に文章ばかりがずらっと並んでいると、読む気がしなくなってくる場合もあるかと思います。ただし、ただ画像を入れれば良いかといえばそんなことはありません。多すぎれば中身のないページになってしまいますし、ファイル名やタグにも工夫をして入れ込まないと、SEO対策としては効果が薄くなります。なぜかといえば、検索エンジンは画像に関する情報もサイト評価に入れているからです。つまり、画像は検索者へのビジュアル効果だけでなく、検索エンジンからの評価をもらうことにも役立ってくれるということになります。では、具体的にはどんな点に注意すれば良いのでしょうか。

まず基本となるのが、「内容と関連したもの」を選ぶことです。当たり前のようですが、画像はインパクトが強いため、伝えたい内容を強調できるようなものを使うことが大切となります。次に、「ファイル名を適切なもの」にすることも肝心です。URLと同じように、関連キーワードを含めるようにしてください。間違っても、保存の際に自動で付いたファイル名をそのまま使用することは避けましょう。ここで知っておきたいのが、検索エンジンは「ハイフン」は認識しますが「アンダーバー」は認識できないという点です。つまり、アンダーバーでキーワードを区切ってしまうと、ねらったキーワードでひっかからなくなります。逆に、ハイフンをうまく使用して複合キーワードを用いれば、スペースをはさんで複数のキーで検索する際に意味を持ってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *