正解がないSEO対策を行う意味

昔は極端にリンクをもらうことによって検索順位が上にあがる仕組みになっており、それに目をつけた業者やアフィリエイターが自作自演でリンクを飛ばすことも多かったです。

しかし検索順位をあげる仕組みが常に変化していくようになってから、このような自作自演も使うことができなくなりました。使えなくなっただけではなく、ペナルティまで与えられることになりますので、恐れられることから今では自作自演はご法度になっています。コンテンツが重要視されるようになってから、長文の文章を掲載することが好まれるようになりました。

しかしながら意味がない長文であれば、それを評価しなくなったのも検索エンジンです。SEO対策として長文が好まれるようになりましたが、ただ文字を長く書けばいいというわけではなく、キーワードにそって意味がある文章が必要になってきます。ただキーワードライティングだけしていれば良いSEO対策は、もう過去のものといっても過言ではありません。

それでも長文の方が検索順位として上であったり、リンクを多く貰っていることもSEO対策として有効になっています。つまりどれが正解であるのかは、検索エンジン側にしかわからなくなっていますので、常に研究が必要となる時代になりました。企業が強いといっても個人でもそのワードに関しては検索上位を確保しているアフィリエイターもいますので、どれが正解で不正解であるのかなんて誰にもわからないのがSEO対策です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *